このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
ケアするまちを    
    デザインする。

ケアと暮らしの編集社について

病院の中にいても、解決できることには限りがある。

"もう少し早く医療にかかっていれば救えたのかもしれないのに"
"生きていても仕方ないと言った患者の生きがいは取り戻せただろうか"
"誰かが救いの手を差し伸べればもっと幸せに生きれたのに"

そう思って、私たちは、2016年に医療者で移動式屋台を引いてカフェを始めました。白衣を脱いで地域の方とお話してきました。その後も映画館とのコラボイベントやアート作品への出演等の活動を続けながら、まちとケアの橋渡しになってきました。

ケアと暮らしの編集社は、"ケアするまちをデザインする"をミッションに、街に暮らすことで健康になっていく社会を作ります。

今、病院で解決できない課題が多くあります。孤独、生きがい、役割、過疎地域での医療、地域共生社会の実現など、医療介護関係者のみならず、街に暮らす人々とともに、実現していきたいと思っています。そのためには、まちづくりやアート、デザインといったこれまで医療とは遠いとされてきた分野の方ともコラボしていくことになると思います。面白そう、楽しそう、美味しそう、そんなポップな感情に寄り添いながら、まちの健康を作っていきたいと思っています。

「暮らしていたら、自然と健康になっていた」

ケアとまちづくり活動を実践していくことで、街全体を健康にしていくのが弊社の役割です。
2020年12月 代表理事 守本陽一

News

News 2020.1
慶應大学堀田聡子先生、東京大学孫大輔先生らが厚生労働科学研究で地域共生社会の調査対象として、YATAI CAFEの活動のヒアリング調査に来られました。and more...

News 2020.4
NHK総合「所さん!大変ですよ~営業は週2時間 '幻の店'の正体とは?」にYATAI CAFEが取り上げられました。and more...

News 2020.5
「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン「ソトコト」の6月号にYATAI CAFEが掲載されました。and more...

これまでのニュースはこちらから

projects


ケアとまちづくり活動

YATAI CAFE、だいかい文庫など、まちで医療福祉従事者との接点を作るケアとまちづくり活動を行っています。
 
ライティング・リサーチ

様々な地域で行われているケアとまちづくり活動に関する執筆、調査事業を行っています。
ワークショップ・セミナー事業 
ケアに関するイベント、対話型ワークショップ、ケアとまちづくりに関するセミナーなどを行っています。
ワークショップ・セミナー事業 
ケアに関するイベント、対話型ワークショップ、ケアとまちづくりに関するセミナーなどを行っています。

member

守本 陽一 (代表理事/総合診療医)

1993年神奈川県生まれ、兵庫県出身。総合診療医。学生時代から医療者が屋台を引いて街中を練り歩くYATAI CAFE(モバイル屋台de健康カフェ)や地域診断といったケアとまちづくりに関する活動を兵庫県但馬地域で行う。現在も専門研修の傍ら、活動を継続中。ソトノバアワード2019審査員特別賞。共著に「社会的処方 孤立という病を地域のつながりで治す方法」「ケアとまちづくり、ときどきアート」など。

田中 好 (スタッフ/理学療法士)
1978年生まれ。生まれも育ちも兵庫県。病院で15年以上、理学療法士の経験を積んで感じたのは、病院の中だけで無く病気になる前、普段の暮らしを送るまちの人達と関わってみたいということ。 そこからもりもん氏率いる屋台カフェに惹かれてスタッフの一員となりました。 現在は病院を退職し、自分の得意なお菓子作りの能力×理学療法士の経験を活かして週3訪問リハ、週末カフェをやってます。
藤岡聡子(理事) 写真:介護ビジョン編集部撮影

株式会社ReDo 代表取締役。1985年生まれ、徳島県生まれ三重県育ち。夜間定時制高校出身。人材教育会社を経て24才で介護ベンチャー創業メンバーとして住宅型有料老人ホームmusubiを立ち上げる。2015年デンマークに留学し、幼児教育・高齢者住宅の視察、民主主義形成について国会議員らと意見交換を重ね帰国。2017年東京都豊島区椎名町にて「長崎二丁目家庭科室」を立ち上げ、高齢者から地域の若手が知識・経験を学ぶ場所として0才から80代までのべ1000人が通う場を運営。その後家族で長野県軽井沢町に引っ越し。「診療所と大きな台所があるところ ほっちのロッヂ」の立ち上げと、共同の代表(雑用係・草抜き係)。 今までにあったけれど/あったらいいな、という文脈の人の流れをつくることが好きで、きっと得意です。 2010年から2020年までたまたま医療福祉業界にいるようにみれるけれど、これからは色々な人の動きをつくる、に関わる予定。

孫大輔(理事)

家庭医/鳥取大学医学部地域医療学講座。医学博士、看護学博士、医療者教育学修士。2000年、東京大学医学部卒。腎臓内科、家庭医療を専門として病院勤務を続けた後、2012年より東京大学医学教育国際研究センター講師、2020年より現職。市民と医療者の対話の場「みんくるカフェ」主宰。谷根千まちばの健康プロジェクト(まちけん)代表。主著に『対話する医療:人間全体を診て癒すために』(さくら舎)。

大槻恭子(監事)写真:だしフォト撮影

一般社団法人 ソーシャルデザインリガレッセ代表理事/看護師。京都府南丹市出身。子供の療養をきっかけに但馬に移住し築150年の古民家を購入。現在、その古民家を再生し看護小規模多機能事業や訪問看護STを運営。福祉事業の古民家の一部にオーガニックレストランもOPEN。 専門職が地域に出た事で見えてきた新たな意識の点に、これからの医療や新しいケアの可能性を感じている。空間と人にとっての時(トキ)の意味を見る事も好き。
田中 好 (スタッフ/理学療法士)
1978年生まれ。生まれも育ちも兵庫県。病院で15年以上、理学療法士の経験を積んで感じたのは、病院の中だけで無く病気になる前、普段の暮らしを送るまちの人達と関わってみたいということ。 そこからもりもん氏率いる屋台カフェに惹かれてスタッフの一員となりました。 現在は病院を退職し、自分の得意なお菓子作りの能力×理学療法士の経験を活かして週3訪問リハ、週末カフェをやってます。
ご連絡は、各種SNSのDMもしくは以下の問い合わせフォームよりお願いします。 
会社名 一般社団法人ケアと暮らしの編集社
役員 代表理事 守本陽一
理事   孫大輔
理事   藤岡聡子
監事   大槻恭子
所在地 兵庫県豊岡市中央町6-1
設立年 2020年11月
活動目的

医療介護関係者のみならず、街に暮らす人々とともに、
アートやデザインを活用したコミュニティ活動を実践することで、
地域の医療・介護リソースの確保ならびに
住民のウェルビーイングの醸成ならびに健康増進に貢献します。

事業内容

(1) 地域住民のウェルビーイングの醸成に関わるケアとまちづくり創造事業
(2) ケアとまちづくりに関するワークショップ・セミナー事業

(3) ケアとまちづくりに関するデザインリサーチ事業
(4) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

連絡 info@carekura.com もしくは各種SNSのDMまで
所在地 兵庫県豊岡市中央町6-1