このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

地域の居場所と文化を作る仲間になりませんか?#ケアと暮らしの編集社

だいかい文庫やYATAI CAFEなどの活動を継続するには、寄付していただける方が必要です。ぜひ仲間になって、地域の居場所とケアの文化を一緒につくっていけたら、嬉しいです。

私たちの想いを聞いてください。

▽すぐに寄付いただける方へ
銀行振込ご利用の方はこのページ一番下のフォームから
クレジットカードご利用の方はこちらから

一般社団法人ケアと暮らしの編集社は、まちづくりを通じて、
ウェルビーイングな人々の暮らしを作る法人です。

医師をしていて見えてきたものとは


 今、孤独はタバコ15本分に相当する死亡リスクと言われています。孤独の解消の必要性をWHOや多くの研究者が述べています。平成30年高齢社会白書によると、65歳以上で独居をしている人の数は、2015年には男性約192万人、女性約400万人まで増えています。1980年から男性で約10倍、女性が6倍も増加しています。うち、約3割が会話が3日に1回以下という現状があります。

 私は、総合診療医として病院で働いていても、孤独の解消ができない事実に直面しました。地域に出て、居場所や役割を作っていく取り組みをしていくことにしました。

 現在、だいかい文庫、YATAI CAFEと呼ばれる小規模多機能な公共空間を拠点に、テーマに訪れる多様な人の居場所を作っています。障害のあるなし、子供でも高齢者でも関係なく、誰もが生きがいや居場所を持って生きることができる健康的なまちづくりを進めていきたいと考えています。

ー守本陽一(医師/代表理事)

多様な人が集うだいかい文庫/YATAI CAFEとは

だいかい文庫やYATAI CAFEは、精神疾患を抱えた人、慢性疾患を抱えた人、高齢者、若者など、多様な背景を持つ人が集まっています。一箱本棚オーナーとして、お店番として、地域に役割をもったり、居場所をもったりすることができます。また居場所の相談所では述べ20名以上の方が居場所についての相談をされ、だいかい文庫にまつわる地域の多様なコミュニティに紹介する「社会的処方」を行っています。これまで数多くの方がだいかい文庫を利用され、地域の居場所の役割、生きがいを作っています。

だいかい文庫のこれまで、おきていることは、こちらのnoteもあわせてご覧いただけると幸いです。

クレジットカードによる寄付はこちらから